明日までに痩せたい

明日までに痩せたい!

「明日までに痩せたい〜」って思っていますか?
明日までに痩せたい!痩せる方法ってある?
女子なら明日までに痩せたい!ってことありますよね〜^^;
急なデートとか、大事な写真撮影とか、絶対可愛く見られたいって時…

 

さすがに一晩で5キロとかは、絶対無理だと思いますが、でも、「痩せてみえる」っていうのは、すぐにでも実践できる方法かと思います。

 

あ、普段からダイエットの努力は必須ですよ?

 

私は暴飲暴食しても太らないように、新陳代謝系と油分排出系のサプリを飲んでいるので、徐々に体重は減りつつあります。
劇的に痩せるっていうわけじゃないですけど、運動なしなのでわりといいと思っています。

 

↓新陳代謝アップ系なら
ファーミア・スリム明日までに痩せたい,方法

 

↓脂肪燃焼・食欲抑制系なら
リポドリン(Lipodrene)明日までに痩せたい,方法

 

↓油分排出系・脂肪吸収阻害
ゼニカル+ビタミン剤

 

日本製ですがむくみで顔や足がパンパンってだけで、数キロは太ってみえるので、むくみ解消系のサプリもいいと思います。
1日たった3粒飲むだけ するっと小町【足パンパン解消】

 

明日までに痩せたいTOPへもどる

 

夢の速攻ダイエット?明日までに痩せ(て見える)る方法

ポイントは「見せる」、そして「しめる」

 

女性はスタイルがよく見られたいと思うのは当然です。
その中でも「痩せて見えるような着こなし」というのを、雑誌で特集も組まれるほど、女性にとっては重要なことなのです。
この痩せて見えるファッションについていくつかポイントを紹介します。

 

まず1つは、「見せる」ということです。
例えば、あなたは足の太さが気になるとします。そうすると、人間と言うのはそういう部分を隠そうとしてしまいます。
「私は足が太いからスカートははかない。パンツをはいて隠すんだ」という方が多いですが、パンツをはく事の方が足の太さをより強調する事になります。
例え生足が見えていても、足の太さを隠す場合にはスカートをはきましょう。
ミニスカートをはくのではなく、1番太い部分である太ももが隠れるようなひざ丈やミモレ丈のフレアなスカートをはくと、おしりの大きさもカバーされます。

 

そして2つ目が、「しめる」ということです。
しめるというのは、簡単にいえばダボダボの服を着ないようにするということです。ゆるい拭くというのはだらしなく見え、からだのゆるみを強調してしまいます。
ゆるめのロングセーターなどを切るのではなく、体のラインに近いようなセーターを着て、引き締め効果を出すようにするのです。
パンツもダボダボのものではなくスリムな物を選び、どうしてもダボっとしたものが着たいならば上下のどちらかにし、どちらかにはスリムな引き締め効果のある物を選ぶと痩せて見えるファッションが完成します。

 

明日までに痩せたいTOPへもどる

 

無地や小さめの柄、濃い色で工夫しています

私はちょっと下半身にお肉がついています。全体的なバランスで言うと洋ナシ型というのでしょうか、上半身よりも下半身が太めなのです。
ですので、この体型を何とか隠したくて痩せて見えるファッションやメイクを日々模索しています。

 

まずは色、淡い色はやはり膨張して見えやすいので、出来るだけ寒色で、閉まって見える色を選ぶようにしています。無地や小さめの柄をよく着ます。
特にボトムには目をいかせたくないので、大き目の柄は持ってこないように気を付けています。

 

また上半身が下半身に比べると比較的細めなので、パッと見たときに上半身に目が行くようにすることを心がけています。
トップスはぴったり目のアイテムを選び、なにかキラキラしたビジューがついていて目を引いたり、胸元に大き目のネックレスをしたり、胸元に目が集まるようにポイントを置き、下半身は隠したいのでふんわりしたスカート、ミモレ寸のスカートで脚、お尻を隠します。
この季節はブーツもはけるので、一層痩せて見えると思います。

 

髪の毛はストレートロングにしていて、気になる頬をさりげなく隠してほっそり見せてくれるようにしています。
このお蔭で洋ナシ型だということを結構隠せているようで、どうしてもスカートがはけない行事等でパンツを履くと「あれ?実は下半身しっかりしてるんだね!」など気の置けない友人には言われたりします。

 

自分のコンプレックスを上手く隠して、これからもおしゃれを楽しみたいと思っています。

 

痩せて見える3つのメイク術でコンプレックスを解消

太って見えてしまう肉付きのいい丸顔がコンプレックスの私は、痩せて見せるためにメイクの仕方にはこだわっていることが3つあります。
1つは、私はリキッドファンデーションを使用しているのですが、全体的に明るめのカラーのリキッドを塗ってから、シェーディングとして頬の端の部分から輪郭の部分にかけて、ワントーン暗めのリキッドをつけて、影を作るようにしていることです。
明るめのリキッドと暗めのリキッドの境目が分からないよう、パフでしっかりと馴染ませるようにすることで、自然に立体感のあるフェイスラインを作ることができ、スッピンよりもほっそりとした印象の顔にすることができています。

 

もう1つは、チークの入れる部分に気をつけることです。頬の中心部分につけてしまうと、顔が丸く見えてしまうので、頬骨の下からこめかみの方に筆を滑らせるようにつけています。
丸く入れるのではなく、斜めのラインを作るようにチークを入れることが、やせて見えるメイクのコツの一つですね。

 

そして最後に、ハイライトはしっかりと入れるようにしています。鼻のラインや眉毛の上の部分など、高く見せたい場所にハイライトを入れることによって、より立体感のある顔を作ることができるので、丸顔を目立たなくさせることができるのです。

 

この3つのメイク方法をマスターしたことによって、面長で痩せて見える顔に作り上げることができるようになりました。
また、アイメイクはできるだけしっかりと行うようにすると、目元に視線を集めることができるので、太って見えてしまう丸顔の印象を薄くさせることができますね。

 

明日までに痩せたいTOPへもどる

 

メイクで小顔になる

どちらかというと、痩せているほうではありませんし顔が小さくもないので、
メイクをする時は、「顔が小さく見えるように」心がけています。

 

基本的には、余白が多く見えないほうが痩せて見えると思うので、
全体的にベタ塗りはせず、細かく丁寧にメイクをすることが大事です。

 

まず肌を作る時に大事なのが、シェーディングとハイライト。

 

特にシェーディングは大事ですね。えらの部分に結構ガッツリとのせます。
そして、えらだけではなく、とにかく顔の”削りたい部分”に、
自分の肌より濃い目の色をブラシで様子を見ながら重ねます。

 

この時に大事なのが、ただ「シェーディング専用」のものを買うのではなく、
黄色みがかった人は、濃い色かつ黄色みのある色を選ぶことが大事です。
つまりは自分の肌に合った色の濃い目のものを選ぶ、ということですね。
合わない色だと悪目立ちしてしまうので、色はきちんと選びましょう。

 

次にハイライトは、目の下の部分と鼻筋、
あと場合によってはアゴにも少しつけます。

 

シェーディングとハイライトをつけることによってメリハリのある顔ができるので、それだけでもかなり痩せて見えますよ。

 

あとは、チークを塗ることも結構重要です。
やはり色がのっていたほうが余白が減る分、顔が小さく見えます。

 

他には口紅の色選びも痩せて見えるポイントになると思います。
基本的には濃い目の色。
ベージュなどのぼやけた色よりも、ハッキリした色のほうが顔が引き締まって見えます。

 

少し念入りにメイクするだけで、大分顔の印象は変わるので・・・
楽しみながら自分に合った「痩せメイク」を探しましょう。

 

明日までに痩せたいTOPへもどる

 

気になる部分をカバーして小顔、スリムボディー

顔がぽっちゃりしているとか、下半身が太いとか顔や身体の悩みって人それぞれいろいろ持っていると思います。
すぐにどうにかできる方法があれば良いですが、なかなかそうもいきません。

 

そんな時に役に立つのは、メイクの方法や洋服の着こなし術です。
雑誌でも着やせスタイルとか小顔メイクとか色々紹介されています。

 

実際モデルさんはもともと細いですし、顔も小さいですので雑誌で掲載されているものでは、そんなに効果を感じることはないかもしれません。

 

しかし、やってみればなるほどっと感じる部分はあります。
例えば、顔が大きくて悩んでいるという人の場合は、フェイスラインに茶色っぽいシェーディングを入れるだけで、シュッと細くなります。
やり方はネット動画などでも沢山紹介されています。

 

注意しないといけないのが、あまりにも濃い色で行ったり、入れすぎると囚人みたいにみえたりするので、加減しましょうというところです。

 

ファッションで言うのであれば、隠したいところをわざと見せるというのは定番だと思います。
それから冬の時期にはやはりロングブーツを履くのが美脚効果バツグンです。

 

ミニスカートから少しだけ太ももが見えて、すぐにブーツだと、脚が細く見えます。
お腹周りが気になってジーンズが履けないのであれば、チュニックを使えば体型カバーができます。

 

細身のジーンズでもむっちり見えません。ちょっと大きめのニットも、太い部分をふわっと隠してくれて女の子っぽく見えるのでおすすめです。
雑誌に掲載されている着やせテク、ぜひ自分の手持ちアイテムで実践してみてください。

 

縦長シルエットを意識した、隠しすぎないファッション

女性にとって永遠のテーマとも言える、痩せファッション。
一体どういった着こなしなら細く見えるのでしょうか。

 

まずは全体のラインですが、縦長に見えるラインをイメージします。
寒い時期ですと、どうしてももこもこの上着を着たくもなりますが、Aラインのコートなどを選択します。ウエストにベルトがついているものも、ウエストシェイプ効果があってお勧めです。素材はダウンは膨張してしまいますので、薄くて暖かいウール素材がお勧めです。

 

ボトムは足に自信がないのでしたら、タイトなものが良いです。隠してしまいたくなりますが、太い足にフレアパンツなどの太いパンツは逆効果です。レギンスなどの足にフィットしたものを選びます。サイズ自体は無理をせず、横シワのできないサイズを選択してください。

 

スカートを履く時でしたら、おそらく一番気になる部分はふくらはぎかと思います。太もも辺りは冬場でしたらコートやスカートで隠れてしまいますから、ふくらはぎまで隠してしまうと見えている部分が随分少なくなりますね。ですがここは敢えて見せるファッションを選びます。

 

ですからショートブーツを選びます。その際ヒールの高めのものを選びます。ヒールを高くすることにより足のラインが自然縦長になりますから、その分太さもカバーされます。ヒール自体は細いものより太いものを選びます。
背の低い女性は背の高い女性より、同じファッションを選択したとしてもどうしても太く見えてしまいがちです。ですから身長が低い場合は特にこの縦長をイメージしたコーディネートをしましょう。

 

明日までに痩せたい,方法

↓新陳代謝アップ系なら
ファーミア・スリム明日までに痩せたい,方法

 

↓脂肪燃焼・食欲抑制系なら
リポドリン(Lipodrene)明日までに痩せたい,方法

 

↓油分排出系・脂肪吸収阻害
ゼニカル+ビタミン剤

 

日本製ですがむくみで顔や足がパンパンってだけで、数キロは太ってみえるので、むくみ解消系のサプリもいいと思います。
1日たった3粒飲むだけ するっと小町【足パンパン解消】

 

日本では痩せる薬として有名ですね。